貢献

contri_t2
トップ>貢献 [ 地元への貢献身障者雇用盲導犬協会への寄付沖縄サンゴ移植 ]

地元への貢献

「リカーズかめはた」は、下記地元札幌の祭事に協力・協賛しています!
contri_dome_02氷の祭典
毎年 2月5日~11日
contri_dome_02_i冬の札幌最大のイベント“さっぽろ雪まつり”の第3会場として開催される“すすきの氷の祭典”は、駅前通りのネオン輝くビルの谷間に、美を競う大小100基の氷像が設置。 リカーズかめはたは毎年『鶴と亀』の氷像を出しております。
contri_dome_06北海道神宮祭
毎年 6月15日
contri_dome_06_i札幌に夏の花が咲き始めるこの時期に行われるのが北海道神宮祭。毎年6/15に始まり、翌日はおよそ1200人の行列が神輿を担ぎ、平安絵巻を繰り広げ渡御。 その列は1キロにもおよび、沿道は鳳輦を迎える人垣であふれます。
contri_dome_06
YOSAKOIソーラン祭り
 6月上旬
contri_dome_06y_i北海道神宮祭と同じ時期に行われるもう一つのお祭りが、札幌を代表する2大祭りとといっても過言ではない「YOSAKOIソーラン祭り」。 高知県の「よさこい祭り」と北海道の民謡「ソーラン節」がコラボされ、POPな雰囲気で若者を中心に300以上のグループが参加、近年では観客動員数が200万人を超えるという大きなお祭りです。
contri_dome_08SAPPORO CITY JAZZ
7月〜8月
contri_dome_07_i2007年7月、芸術文化都市札幌から世界に発信する音楽イベントを創出することを目的に、サッポロ・シティ・ジャズ(SCJ)はスタートし、以来、9年間の開催を経てSCJは、国内最大級のジャズフェスへと成長しました。 
同時期に開催されるクラシック音楽のパシフィックミュージックフェスティバル(PMF)とあわせ、札幌の夏を彩る観光文化資源として、多くの市民、そして内外の観光客にも支持されるイベントへと発展しております。
すすきの祭り
8月上旬
contri_dome_08m_i歩行者天国となるネオン街には約100軒の屋台が並び、花魁道中、御神輿渡御、YOSAKOIソーラン踊りなど様々な催しが行われます。 特に花魁道中の太夫役は地元ススキノから選ばれ、札幌っ子も注目するススキノならではのイベントです。
NOMIPON!!!
8月下旬
contri_dome_08n_i小樽商科大学近藤ゼミナール、株式会社i-vacsが企画し、2009年から継続的に行っている狸小路を中心とした飲み歩きイベント。
学生の視点から、新しい企画(クイズ、twitter)も次々投入。今後が楽しみです。
contri_dome_09さっぽろオータムフェスト
9月中旬
contri_dome_09_logocontri_dome_09a_i札幌の秋。「北海道・札幌の食」をテーマとし、道内各地の旬の食材、ご当地グルメやラーメン、道産のとっておきのお酒などの旨いものが集まるのが、2008年からスタートした「さっぽろオータムフェスト」。 年々、参加店舗や人数も増え、大盛況となっています。
contri_dome_11ミュンヘン・クリスマス市
11月下旬~12月
contri_dome_11_i2002年に初めて行われた「ミュンヘン・クリスマス市」はドイツ・ミュンヘン市と姉妹都市提携30周年を記念して行われ始めました。 クリスマスのイベントの一つとして定着したこのお祭りでは、本場ドイツのクリスマス・イベントさながらの、ツリー装飾品が店頭に並び、お菓子やホットワイン、ソーセージなどを楽しむことができます。 大通公園のイルミネーションと合わせ、とても幻想的な雰囲気でデートコースにも人気です。


身障者雇用

現在4名の身障者雇用をしている『リカーズかめはた』。
従来の煩雑な業務を改善=システム化することにより、誰にでもできるような業務になった結果、現在の雇用形態を維持できるようになりました。

contri_deve_newst

contri_deve_newsicontri_deve_btn

contri_deve_bookt

contri_deve_bookicontri_deve_btn

北海道盲導犬協会への寄付

リカーズかめはたでは、デリバリーサービス(酒屋D&D)を本格化させた平成9年より、社会貢献の一つとして『北海道盲導犬協会』への寄付を始め、現在も続けております。

財団法人 北海道盲導犬協会
北海道札幌市南区南30条西8丁目1-1
TEL(011)582-8222  FAX(011)582-7715

毎年36万円(1,000円/日)を寄付。
その他、酒屋C&C、酒屋亀太郎には「ミーナの募金箱」を設置しております。
寄付をすると、協会長から感謝状が授与されます。

盲導犬として合格する犬は全体の約3分の1。
北海道の犬は、全国的に比べるとレベルが高いそうです。
contri_pay

近年の生物学の発展に伴い、人工授精の犬も1頭活躍中。
帯広畜産大学が人工授精の協力をしています。


盲導犬に慣れるために一緒に生活する生活訓練の部屋。
日常生活ができるよう一式が備え付けられています。
contri_naibu1
盲導犬になれるのに数ヶ月はこの宿泊施設で過ごすため、パソコンが使えるようになるための『訓練室』や談話室、卓球台などのレジャー設備も備えています。
contri_naibu3

北海道盲導犬協会は、世界でも初めての「老犬ホーム」を作りました。
ここで盲導犬の役目を終えた老犬が余生を過ごしています。
contri_older2contri_older5
ここはシャワーとジャグジー風呂。
このジャグジー風呂からでる泡は、人間用のジャグジー風呂の泡よりももっと細かいそうです。
contri_older6
食事は朝8:30と夕4時の2回。 それぞれの犬の体質や体型に合った食事をこの調理室で作ります。

こんなゲージで1頭1頭隔てられています。みんなこちらを見ていますよね。
contri_rippa1
この画面は盲導犬を監視カメラでチェックするもの。人間がいると大人しい犬も人間がいなくなると行動が違うことがあるので、カメラで犬を監視して盲導犬としての適正を見ます

  • 初めての盲導犬の体験です。黒のラブラドールレトリバー「ロビン」くん。今日はよろしくお願いします。
  • ハーネスの持ち方、犬への指示(進む、止まるなど)の方法を教わりさっそく目隠しをするのですが、それだけで方向感覚がなくなり心細くなります。歩き始めると、犬がぐいぐい引っ張っていってくれるような感覚。ハーネスにつながっている犬が頼りなのですが、主従関係をはっきりさせるために、常に人間が指示しなくてはなりません。段差のところになると犬が止まって教えてくれます。
    そんな時はきちんと褒めてあげるのです。自分では普通に歩いているつもりでも、実際はいつもの半分くらいのペースで歩いているんだよ、と教えられました。近隣を1周してきたのですが、聴覚や足元の感覚が敏感になり、いかに目を使わないことが大変かを実感してきました。

財団法人北海道盲導犬協会
北海道盲導犬協会のホームページはこちら≫

売り上げの一部を「有限会社海の種」を通して、沖縄の海へサンゴを移植しています。

沖縄の海にサンゴを戻そう。
温暖化の影響でどんどん減っているサンゴを海に移植するプロジェクトに、リカーズかめはたは賛同しています。

沖縄の海へサンゴ移植